人間やテクノロジーの発達に欠かせない道具や技術

機能の高い製品

企業でも活用している

小さな物質などを拡大して見るという目的で開発されている顕微鏡ですが、技術の発達によってマイクロスコープと呼ばれているタイプも開発されています。通常の顕微鏡は実体顕微鏡と呼ばれており、マイクロスコープは光学顕微鏡と呼ばれています。実体顕微鏡は観察するものをそのまま顕微鏡で拡大して見ることができます。対して光学顕微鏡は、反射光をレンズによって実像として作り、接眼レンズで拡大しながら見ます。その為、拡大して見ることができる倍率に違いがあります。実体をそのまま見る実体顕微鏡は低倍率となっているので数十倍程度となっています。光学顕微鏡は、実体顕微鏡より拡大することができ、その倍率は数十倍から数千倍とされているのです。

顕微鏡を扱っている業者では、あらゆる業界で利用できる専門の機能を持つ顕微鏡を販売しています。取り扱っている種類も豊富で、工業用の顕微鏡や歯科技工士用の顕微鏡、顕微鏡アクセサリーを扱っている業者もあります。工業用の顕微鏡には、USBに対応しているタイプやモニタを繋いで高画質な画面で見ることができる、ビデオ・ハイビジョンタイプのものもあります。長時間の作業を行っても疲れを感じさせないメリットもあるので、多くの企業で利用されています。顕微鏡アクセサリーには、作業効率を向上させるアームもあります。手で直接触れることができないものでも、アームを利用することで作業を行えます。利用する企業の要望に合わせた顕微鏡を提供しているので、多くの企業が顕微鏡専門業者で顕微鏡を購入しています。

Copyright (c) 2015 人間やテクノロジーの発達に欠かせない道具や技術 all reserved.